初心者に電動ドライバー修理がおすすめな理由。と修理の流れ

にほんブログ村 その他日記ブログ 無職日記へ
にほんブログ村

↑↑↑無職系人気ブロガーをチェック!!

ども、エノキンです。

本記事では電動工具修理の初歩。

電動ドライバー、電動インパクトドライバーの修理について。

部品交換で修理できることがほとんどです。

また、交換部品単体の手配も簡単。

ホムセン工具で修理できるのでおすすめです。

スポンサーリンク

電動工具の修理がおすすめな理由

・作業が簡単
・競合が少ない
・低コスト高利益

良い事づくめでしょう。

ひと手間加えるだけで、かなり安定した収益の柱になってくれます。

まず、やったことない人にとっての機械の修理ってすっごく難しそうですよね。

洋服のリペアなどは簡単そうに見えますが、センスが必要だし、
仕上がりの美しさを求められる。

その点、機械は交換すべき部品を交換するだけ。

慣れてしまえば一台に対して30分かかりません。

これだけで、1000円、2000円で仕入れた商品が1万円弱で売れます。

おまけに部品代も数百円~2000円くらいです。

大元の部品が壊れていたらやばいですが、部品取りとして
活用できます。

電動工具修理のデメリット

・投資が必要
・経験が必要
・赤字もあり
・作業スペースの確保

どの商売もそうですけど、こんな感じです。

最初はしょうがない。

でも、これを乗り越えればある程度安定して稼げます。

設備投資が必要

まずは、工具をそろえる必要がある。

でも、電動ドライバーの修理くらいであれば
ホムセンの数千円のセットでOKです。

リサイクルショップでも安く買えます。

これらの収益で設備投資して、扱える商材は増やしていくのがベスト。

電動工具に限らず、家電にも広げていくのがいいでしょう。

経験が必要

機械修理ではこれが必要。

だから、最初のうちは経験に投資と考える。

ジャンク品を買ってきて、どこが悪いのか切り分ける。

これができるようになれば利益率も伸びます。

初めの頃は無駄な部品交換や、部品の破壊。

多々あります。

経験が必要だからこそ、競合が少ないんです。

赤字になることもある

当然、赤字になることもあります。

大体、修理費用は3000円かからないくらいですが、
まれに、モーターなどが完全にいかれてる場合がある。

この場合は完全に赤字。

とはいえ、ジャンク品は購入金額も安い。

それゆえ、ダメージも最小限です。

そのまま横流ししてもいいし、部品取りとして
保管しておいてもOK。

作業スペースの確保が必要

ファミリーだとこれが大変化もしれないですね。

最初の頃は大丈夫なんですが、スキルが上がってくると、
色々な工具、ケミカルを使うようになります。

そうなると、匂い、汚れ、工具、在庫のスペースが必要になります。

ガレージのある方はいいですが、そうでない人は庭先か、別にスペースを
確保する必要があるでしょう。

電動ドライバーの修理に必要な物

・電圧計
・ホムセン工具セット

基本的にこれだけ。

というか、最初はこれだけでいいです。

これだけあれば、大体の工具は修復可能。

初期投資としては1万円もあれば十分。

電動ドライバー修理入門

・工具をそろえる
・ジャンク品を買う
・分解図を探す
・分解する
・部品を注文する

まずは、道具とジャンク品を用意。

分解図は下記を参照。

HiKOKI(ハイコーキ) 14.4Vコードレス静音インパクトドライバー WHP14DBL用部品
ビルディは【お得なポイント還元】HiKOKI(ハイコーキ) 14.4Vコードレス静音インパクトドライバー WHP14DBL用部品 を特別価格¥308(税込)〜で販売中。 カード・代引・コンビニ・掛け払い対応。 HiKOKI(ハイコーキ) は...

はい、分解図見れました。

訳が解らないですよね。

え?どこが悪いの?って。

その辺は追々。

別の記事で詳しく書きます。

ここでは流れだけね。

日立ドライバー分解図

こんな風に分解図が展開できたと思います。

それぞれ、番号が振ってあってそれに合わせて部品を注文。

赤枠で囲んだ部分で、分解図から必要な部品番号を選択。

すると下記のような画面に切り替わります。

赤枠は分解図の③の部品を選択した状態。

そして、青枠は部品番号。

もちろんこのまま注文してもいいんですよ。

でも、さらにここで、ひと手間。

モノタロウでの部品発注

これは別のサイトでの注文。

同じ部品なのに価格が全然違う。

そう、まずは分解図から部品番号を取得。

その後、「モノタロウ」で購入するのがおすすめ。

ちなみに、モノタロウは3000円以上で送料無料。

さらに、一回の注文で7000円以上発注するとその月はずっと送料無料。

ネジ一本でも送料無料です。

僕は毎月、月初めに注文しています。

https://www.monotaro.com/

これで、部品が届いたら交換して作業完了。

まとめ

・修理部品切り分け
・部品番号を取得
・モノタロウで発注

大まかな修理の流れはこんな感じです。

とにかく、最初はやってみること。

こんな低コストでチャレンジ出来て、利益率もいい。

月2台やるだけで、1万以上の利益になるでしょう。

しかも、難しいことはない。

日立やマキタの電動ドライバーを自分の許容範囲内で購入。

それを分解して、数百円の部品を交換する。

ただ、これだけ。

そりゃあ、失敗もある。

でも、経験を積んでいけば、ほぼ間違いなく黒字になる事業です。

おまけに、他の商材に生かせる。

ただ、右から左へ流すだけではなく、
ひと手間加える事で競合の新規参入におびえることもなく
安定した収益をもたらしてくれますよ。

副業(複業)収益の使い道と我が家の支出
ども、エノキンです。今回は副業で得た収益の使い道。最初に言っておくと、僕は貯金しない。貯金しないというか、現金で保管しないが正しいか。ほとんどを「物」に変換します。僕の主な収益源は下記。・輸入転売(月平均10万)・機械修理(月平均10万)・
無職のエリートエノキンです
初めまして。無職のエリートエノキンです。 まず、無職のエリートとは何ぞや?と。 世間一般的な価値観。 正社員=安定=幸せ。 これをぶっ壊す。 無職はこれを超える特権階級である。 形にこだわれらない、捕らわれない生き方。 それを伝え、その道し...

コメント

タイトルとURLをコピーしました